デジタル技術の活用及び DX 推進の取組みについて

 AI テクノロジーを活用した教育DX2.0の時代 
DX2.0とは、デジタル新時代に対応したビジネスモデルの革新とデジタルトランスフォーメーションのことです。インジェンタDXAIサービスは、教育機関がAI技術でDX2.0を実現し、学生の学びの可能性を掘り起こし、人生をより豊かにすることを支援します。

デジタル技術が社会や自社の競争環境にどのような影響を及ぼすか


教育分野において、学習効率の向上ができ、運営側の運営コスト削減が可能となるパーソナライズ学習ソリューションが教育事業者に求められています。
弊社のAI技術の深さとソリューションの効果は既に大手学習塾に評価いただいる。
他のAIサービスとの差別化はできつつあるが、さらなる独自の技術開発を行なってまいります。

デジタル技術による新たな経営ビジョン

ヒアリングによる顧客の課題の本質を見極め、運用やサービス展開を理解した上、高い技術力で解決が困難と思われた課題の解決を目指します。

経営およびデジタル技術等の活用の具体的な方策

(戦略の決定)

DXを推進するためにも技術の高いAIを簡単に利用できる上、データの可視化も考えたソリューションの提供を目指しています。
開発の学習支援システムは、実績に基づき、多くの団体に利用いただけるパッケージサービスとしての展開を推進します。

戦略を効率的にすすめるための体制の提示

本事業では代表取締役のDENNIS HSUEHをCIO(最高情報責任者)とし、以下の体制で新たなビジネスモデルを実現します。

氏名
役職
本事業における役割
DENNIS HSUEH
代表取締役
CIO(最高情報責任者)
KC LIANG, PhD
Chief AI Officer
最高AI技術責任者、情報セキュリティ管理責任者
JERRY YU
Chief DX Officer
最高DXサービス推進責任者
HANS TSAI
ソフトウェア開発部長
ソフトウェア全盤設計担当
MAYUMI SUZUKI
DXサービス営業部長
DXビジネス推進総括
JK SU
AIアルゴリズム開発課長
AI開発担当
TOBY FRAGER
MLOpsエンジニア
MLOps開発担当
DAISUKE MASUDA
データ分析エンジニア
データ処理、分析担当
PAUL CHIANG
プロダクトデザイナー
UIUX / サービス全盤設計

​教育DX